スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

 
赤塚不二夫先生
小学生のころ、「ボンボン」っていうコミック雑誌を愛読してた。
コロコロコミック派かボンボン派でクラスの人気が2つにわかれてた。
コロコロは、ドラえモンとビックリマンとかかかわいい感じで、ボンボンはバカボンとかアホーガンやらアホ拳ジャッキーなどバカセンスたっぷりのマンガが多かったと思う。
オレはもちろんボンボン派。

ゴッコ堂は手塚治虫先生をはじめトキワ荘の作家には多大な影響を受けているが、中でも赤塚先生のトキワ荘作家の中でのひときわ目立つバカセンスは、まさにゴッコ堂の目指すところだった。
そんな話を何日か前に友達にしていたところ、赤塚先生の訃報が‥‥。
悲しい。。。

誰もやらなかったことをやるのはとても勇気がいることだ。認められるか認められないか、どこまでやっていいのかわからないんだから。
そんな中、やっとゴッコ堂がトイレやウンチというキャラクターを賛否両論の中、世に送り出し、少しづつだが自分なりのバカセンスを定着させてきてたというのに‥‥1回でいいから見てほしかった‥‥あの酔っ払い先生はウンコツ見て何て言うんだろう?トイレのキャラクターみて何て言うんだろう?何もいわないかもしれない、爆笑するかもしれないな。いや、酔ってておぼえてないだろうな‥。


すげー残念だ。
最初で最後のコラボレーション。相性はいいよな。これでいいのだ!

バカゥ鵑僂僉・Ε鵐灰貯・・韃

スポンサーサイト
【2008/08/04 04:22】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<暑いですね | ホーム | 池袋で打ち合わせ!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://goccodo.blog50.fc2.com/tb.php/55-b0970565
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。